このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

医療費の保障

昨今は健康ブームが続き、医者にかかる人が減っているのではないでしょうか。
ですがこれはごく一部の方のみで、全体的には医師不足であり、患者数が減少しているわけではありません。
そのため医療費の負担を軽減することのできる医療保険の存在はまだまだ健在と言えます。
医療保険とは民間会社が扱っている保険商品で、傷病の治療のための医療費を保障する保険です。
前提に公的医療保険である健康保険などがあります。
健康保険は、国民皆保険制度によって、すべての国民は加入していることになっています。
その結果、医療費の7割が保障されており、自己負担は3割になっています。
ですがこれだけでは医療費の負担が大きいと感じると思います。
特に大病患った場合、入院や手術が必要になり、医療費は一気に跳ね上がります。
入院費用の平均額は日額で10,000円から15,000円です。
この金額に健康保険などの公的医療保険が適用され、1日あたりの自己負担額は、3,000円から4,500円となります。
ですがこれは日額の平均に基づいたもので、実際これ以上の金額になっている方も多いです。
この平均額に次いで多いのが25,000円以上の日額となっています。
2,5000円の場合、健康保険によって7,500円となります。
これは差額ベッド代が含まれているものが大半です。
差額ベッド代とは、2人部屋や3人、4人などの複数の方と同じ病室で入院する場合と、1人部屋で入院する場合の差額として発生するベッド費用です。
平均すると4,000円から5,000円ほどかかります。
この差額ベッド代は健康保険などでは保障されませんから、自己負担となります。
大きな病気でなければ医療費は高額になりにくいですが、どのような傷病を負うか分かりません。
そのための備えとして、医療保険は非常に重要な保険商品と言えます。
医療保険にはさまざまな種類があり、保険会社によって保障も保険料も異なります。
よく把握した上で加入することが必須と言えます。
Copyright (C)2016こんな医療保険どうですか?.All rights reserved.